5:ラッシュで知る優しさ

2002年7月24日 あさひかわ新聞 北京あれこれNo.5

 

北京で妊婦を経験したり、小さな子どもを連れて歩くのに慣れてしまうと、日本に帰るのが怖いと話す知人が多い。 北京で朝ラッシュの地下鉄やバスに乗るとき、ホームやバス停に溢れんばかりの人混みや、開くドアに一斉にどっと群がる状況を見たら、ドサンコの多くは恐れをなすに違いない。  東京の地下鉄で通勤ラッシュを経験した私でも、ここの通勤ラッシュの地下鉄やバスに乗る覚悟と勇気を持つまでに時間を要したし、今でも極力ラッシュの時間は避けている。そんな”戦場”に、妊婦や乳飲み子を抱えた人が乗車しようなんて無謀に思えるかもしれない。しかし実態は逆だ。特にバス。お年寄りや妊婦、乳飲み子が乗車してくると、若い人が当たり前に席を譲る。誰も気づかないときは車掌が促す。私も自分のお腹が目立つようになり、バスに乗るのが大好きになった時期がある。必ず座れるからだ。私は「謝謝」と言って、なかば当然の権利を獲得した気分で、気兼ねなく席に座る。乳飲み子を抱えていたときもそうだった。ちびを抱っこして、折り畳んだベビーカーを右肩からさげ、おむつや着替え等の入ったママバックを左肩から下げてバス通勤していたときなど、乗り降りのたびに何人の手を貸してもらったか数えきれない。 バスや地下鉄が代表的な例だが、妊婦や幼児を連れているだけで、いろんな場面で周囲に守られていると感じられるのだ。 誰もが子どもを大切にする。 レストランなどでは、スタッフたちも子どもに配慮してくれるし、周囲も「子どもがすること」とかなり大目にみる。 子どもが少し大きくなって悪さをしたとき、私がアタマをポーンと叩いたら、周囲の通行人から「子どもの頭を叩くなんて何事だ」と責められたこともある。 みんなが妊婦や幼児、お年寄りを自然体で大切にできる文化がここにはある。 残留孤児が生き残れたのも、中国だったからかもしれないとつくづく思う。(おわり)

(おことわり)すべての内容は、当時の個人的な感想です。 刻々と状況が変わる北京では、過去の情報は思い出にすぎません。現在の状況とは異なる場合が多いことを予めご了解ください。

4:「ニンハオ」と声掛けを〜北京国際旅遊博覧会〜下

2002年7月10日 あさひかわ新聞 北京あれこれNo.4

 

(前回からの続き) この博覧会では、各国政府系の観光局や自治体、航空会社等が、パンフやプレゼントの配布でイメージや認知度を高める作戦をメインに展開していた。 しかし、地元北京の旅行会社は違った。実際のその場でツアーへの申し込みをさせていたのだ。 大きなブースを確保し、自社のブランドやロゴを目立たせるようなデザインはもちろん、統一した衣装を来た百戦錬磨のスタッフがブース内を駆け回っていた。数字を上げるための壮絶な戦いが繰り広げられていたのだ。 後で聞いた話では、某旅行会社はスタッフ一人あたり、実質二日間で三十件の成約がノルマで、達成しなければ罰金が課せられたという。 なんともシビアな話ではあるが、以前に別の旅行会社の管理職から「利益(販売数や売り上げでなく)のノルマが達成できず、会社に給与を返還しなければならない」と聞いたことがあったので、驚きはしなかった。実力と成果時代で収入に極端な差が出るのも、この業界では当たり前になっている。  ところで、会場で特に話題に上がったのが、北海道へのチャーター便ツアーだ。北京の旅行社三社で座席を分割して、7月から8月にかけて、北海道へチャーター便を飛ばすのだ。今年2月の旧正月に実施された北京からのチャーター便は全便が旭川空港だったが、今回は千歳着が週2便で旭川着は週1便となった。 そこで旭川の皆さんにお願いがある。皆さん台湾や香港からの旅行客は見慣れているだろうが、中国本土の団体観光客はまた習慣も文化も言語も異なることを了解してほしい。中国本土はまだ海外旅行ブームが始まったばかり。日本もかつて最初の海外旅行ブームのときに、「旅の恥はかき捨てスタイル」で海外で酷評された時期があったはずだ。 そしてぜひ「ニンハオ(こんにちは)」と声をかけてほしい。中国からたくさん来てもらって、お金を気持ちよく落としてもらうための環境整備というのは、結局は迎える側の一人ひとりの気持ち次第だ。香港や台湾からの観光客を5倍10倍にするのは至難の技だが、中国本土からならそれが可能だ。「好き嫌い」でご飯は食べられない。 もしラーメン村が中国からのツアー客に占領されていたら、「短い滞在j中に世界で一番美味しい旭川のラーメンを食べに来てくれた」と誇りに思ってほしい。ちなみに、「美味しい?」は「ハオチーマ?」。答えは、「ハオチー(美味しい)」だと確信しているが。(おわり)

(おことわり)すべての内容は、当時の個人的な感想です。刻々と状況が変わる北京では、過去の情報は思い出にすぎません。現在の状況とは異なる場合が多いことを予めご了解ください。

3:「北海道」で攻める〜北京国際旅遊博覧会〜上

2002年6月26日付 あさひかわ新聞 北京あれこれNo.3

6月15日から17日までの三日間、「鳥の巣」で有名なオリンピック公園内の国家会議センターで、「第9回北京国際旅遊博覧会」(通称: BITE)が開催された。  主催者の発表によると、業界関係者で4万人、一般で10万人の入場者を数えたという。 世界各国の政府系観光局や航空会社等が出展して、観光のイメージアップやプレゼント作戦を繰り広げた。 日本は、日本ブースエリアとして護送船団式で出展する自治体と、単独でブースを出した自治体があった。 ちなみに旭川市は出展していない。 札幌市が単独で出展した「北海道・札幌」ブースでは、札幌市や(道)観光機構が製作した北海道を紹介するパンフだけでなく、「北海道ツアー情報セット」として、各旅行会社が実際に販売中の北海道ツアーパンフを集めて一緒に配布した。 旅行会社のパンフには具体的な料金や日程表がある。それらを見比べて自分に合ったツアーに申し込んでもらおうという作戦だ。来場者からは「北海道に行くならどの季節がいいの?」とか「ラベンダーは何月が見頃?」「何泊でいくら?」という具体的な質問が目立った。 もはや札幌市だけではカバーできない情報が求められている。 夏の北海道ツアーは、やはり富良野のラベンダーが最大のセールスポイントだ。 しかし、中国の旅行客にとっては、それが中富良野だろうと上富良野だろうと、どうでもいい。 全部まとめて「北海道」なのだ。 札幌は札幌、旭川は旭川などというなかれ。たとえ4泊しかない日程でも、札幌だけ観光というのはあり得ない。6日間、7日間のツアーとなると尚更だ。 お互い仲が悪いとされている九州勢が、「対北海道」では連携している(実際の敵は、ヨーロッパだったり北米だったりするのに)。狭い日本、もっと狭い北海道、おらがまち主義でなく、自治体どうしの連携と協調をベースにした戦略がなければ、世界が狙う中国の巨大マーケットでは太刀打ちできない。それを危機感を持ちながらしっかり認識しているからだろうか、札幌市のブースには、上海にある道の事務所からもスタッフが来て、一緒に質問に答えていた。 (つづく)

(おことわり)すべての内容は、当時の個人的な感想です。刻々と状況が変わる北京では、過去の情報は思い出にすぎません。現在の状況とは異なる場合が多いことを予めご了解ください。

2:「富裕層」という言葉

2012年6月12日発行 あさひかわ新聞「北京あれこれ」No.2

日本で「中国の富裕層向け」という言葉をよく聞く。観光PRや物販その他、あらゆる中国ビジネス関係者たちの重要キーワードになっているようだ。米のコンサルティング会社・マッキンゼーが2009年の報告書で富裕層の世帯年収を25万元(約325万円)以上と定義した。この金額が後に日本行き個人旅行ビザ発給の対象基準となり、年収25万元イコール富裕層を印象付けた。しかしその数年前に、テレビのトーク番組でアナウンサーが「年収5万元から50万元が中間層である」と断言していたのを覚えている。なんと層の厚い中間層であろうと驚いた記憶が鮮明に残っている。 公称10%前後(実質2〜3割と実感)で増える給与水準と生活物価を踏まえると、2012年の今現在、富裕層と呼べるのは、年収100万(1300万円)以上、資産1000万元(1億3000万円)以上が最低ラインだ。富裕層の他に「裕福な中間層」というくくりもある。これまでに団体の訪日旅行に参加して日本の品物を買い漁った人はおそらくこの層に含まれる。富裕層と呼ばれる人々は団体旅行を避け、友人や家族だけで勝手気ままな旅行を楽しんでいる。日本人が漠然と富裕層と呼んで想像しているのは、実際にはこの「裕福な中間層」なのではないかと思う。富裕層の行動パターンは、富に縁のない私の想像を超える。2005年に「ピカソは1枚欲しかった。 3000万円までなら買うつもりだった」と予算の3分の2、2000万円でお安く(?)落札した北京で会社を営む三十代の女性の発言は衝撃だった。 富裕層の年収や資産は、我々の理解を超えたスピードで膨張してゆく。彼らをターゲットにするつもりなら、その嗜好や特異性を真剣に研究すべきだ。彼らは「特別」「唯一」「独自」「最高級」「自由」「勝手気まま」などの言葉で表現されることが多い。ただしそれぞれが強い個性と感性を持つようで、十把一絡げには定義しにくい層だ。 北海道の恵まれた自然が、彼らを引きつける魅力を持っているのは確かだ。しかし、彼らを満足させ、”惜しみなく消費してもらう”ためには、さらに周到な配慮が必要だ。日本人のサービスレベルとホスピタリティ、技術と知恵を存分に生かす必要がある。 「富裕層の皆さん来てください」とただ繰り返すのでは、話にならない。(おわり)

(おことわり)すべての内容は、当時の個人的な感想です。 刻々と状況が変わる北京では、過去の情報は思い出にすぎません。現在の状況とは異なる場合が多いことを予めご了解ください。

1:北京で感じる北海道〜日本式焼肉店「松岡」

2012年5月29日発行 あさひかわ新聞「北京あれこれ」No.1

はじめまして、nanbenです。 中国に住み始めて早や14年(ときどき故郷旭川で充電)。気がついたら仕草も思考も中国式です。この特殊な立場と視点から記事を書きますので、どうぞよろしくお願いします。

初回は、私が「北京で頑張る同士」と勝手に決めている日本式焼肉店「松岡」をご紹介したい。  松岡は、2005年に開業し、後に今年日本大使館が移転してきた辺り、ラッキーストリートというレストラン街に店を移した。 日本式をかたる店はいくらでもあるが、ここは北海道を代表する焼肉のたれメーカー、ソラチが経営する店だ。支配人もどさんこで、実家は緑ヶ丘にある。店内で炭火焼き用に使われる木炭の段ボールに「旭川」の文字をみたときには「木炭よ、はるばる旭川からご苦労さん」と心の中で叫んだ。 ここ北京で店舗を構えるというのは、並大抵のことではない。上海なら、五万人を超える在留日本人とそれに慣れた一部の中国人だけを対象にした局地的な日本式ビジネスが存在し得る”ゆるさ”がある。しかし、日本人がせいぜい1万人と言われる北京で同じやり方は通用しない。 それに、北京は地域ごとに違う規制や審査基準が、おそらく中国で最も厳しい。 首都の安全はすべてのものに優先される。中国全土を見据えた場合、上海ではなく、やはり北京が重要拠点であることは間違いない。なぜなら、中国全土から優秀な頭脳を持つ人材が集まる政治の中心なのだ。  世界中から研究機関が集まるのも北京の特徴だ。そんな北京で、幾多の店が盛大に開業しては静かに消えていった。  このエリアでも日本式焼肉店が雨後のタケノコのように増殖している。しかし二年後も残っている店はいくつあるだろうか?一寸先は闇、誰もがリスクとトラブルを抱えている。 次々に湧き起こるハードルを超え続けて営業が出来ているうちは、それだけで成功と言えるのだ。 北京広しといえども、どさんこが常駐している本当の意味での「北海道企業」の進出成功例といえるは、(今のところ)この松岡だけかもしれない。ちなみに一人当たりの予算は二百元(日本円にして約三千円)ぐらい。 中国人客が半数を超える。今後も増えるだろう。(おわり)

(おことわり)すべての内容は、当時の個人的な感想です。刻々と状況が変わる北京では、過去の情報は思い出にすぎません。現在の状況とは異なる場合が多いことを予めご了解ください。