7:無料wifiで観光促進を

2012年8月21日 あさひかわ新聞 北京あれこれNo.7

フェイスブックに代表されるSNSは、中国では「QQ」と「新浪微博」が最大手だ。 QQはチャット式の会話や大容量データ送信に大変便利であり、昨年末にアクティブ・アカウントが7億を超えたらしい。同時にオンラインしている数は約1.5億という驚異的な数字だ。またツイッター型の微博(マイクロブログ、中国語ではweibo )は今年3月で3億アカウントを突破し、毎日の書き込み数は1億を超える。 ネット上では、日常ネタから政治ネタまであらゆる情報が書き込みされ、更にコメントを増やして膨張してゆく。 自分がフォローしている人の書き込みをチェックするだけでも時間が足りない。今年2月、日本人旅行者が世界旅行の果てに中国の武漢市で自転車を紛失した(実際には盗難)事件があった。これについて5万人ものユーザーが書き込みや転送をし、TVニュースでの放映につながり、わずか数日で事件を解決させるほどの影響力を発揮した。これは特殊な例ではあるが、要は使い方と使わせ方がポイントだ。 スマートフォンの普及にあわせ、北京市内の至る所でwifiが飛んで活用を促進している。 オフィスやホテルは当然ながら、空港でもマクドナルドでも公衆wifiが飛んでいる。市内では、職場でも、家でも、外出先でも、どこでもwifiの電波に囲まれた生活をしている。 大量の情報とアクセスフリーのインターネット環境に慣れてしまった北京のホワイトカラーたちは、日本に旅行すると、通信インフラ、特に公衆wifiの立ち遅れに驚く。地図や辞書などの機能を使うためにスマートフォンやipadなどを取り出してさあ調べようと思っても、日本の通信会社と定期契約しているユーザーしか使えない。もしくは高額な国際ローミング料金を支払わなければならない。場所によっては、電波すら飛んでいない。言葉が通じない外国で、その不便さは身にしみる。 たとえばJR各駅、宿泊施設、観光施設、レストランなどの商業施設とそれぞれが、まず自分ノエリアで無料wifiを旅行者に解放してみてはどうだろう。 その点が線になる面になると、より快適に北海道旅行を楽しんでもらえるに違いない。 (おわり)

PS:この記事を書いた数年後、東京エリアや札幌エリアで『外国人観光客対応」という名目の公衆wifiをいくつか確認したが、「実用的に使える」と思えたものは一つもなかった。逆に「当てにして失敗した」と恨み言のクレームをよく聞いた。私自身も試したが、少し移動すると切れたり、やっと繋がっても遅くて写真一枚アップできなかったりで、実際まったく使いものにならなかった(発注側も、受注側も、国内契約していない携帯やipadで検証してみたのだろうか?甚だ疑問だ)。現在は、中国出国時に海外向けのレンタル移動wifiを携帯するのが常識となっている。 

(おことわり)すべての内容は、当時の個人的な感想です。 刻々と状況が変わる北京では、過去の情報は思い出にすぎません。現在の状況とは異なる場合が多いことを予めご了解ください。

投稿者:

nanben

北海道旭川市出身、北京在住18年、中国在住22年。