3:「北海道」で攻める〜北京国際旅遊博覧会〜上

2002年6月26日付 あさひかわ新聞 北京あれこれNo.3

6月15日から17日までの三日間、「鳥の巣」で有名なオリンピック公園内の国家会議センターで、「第9回北京国際旅遊博覧会」(通称: BITE)が開催された。  主催者の発表によると、業界関係者で4万人、一般で10万人の入場者を数えたという。 世界各国の政府系観光局や航空会社等が出展して、観光のイメージアップやプレゼント作戦を繰り広げた。 日本は、日本ブースエリアとして護送船団式で出展する自治体と、単独でブースを出した自治体があった。 ちなみに旭川市は出展していない。 札幌市が単独で出展した「北海道・札幌」ブースでは、札幌市や(道)観光機構が製作した北海道を紹介するパンフだけでなく、「北海道ツアー情報セット」として、各旅行会社が実際に販売中の北海道ツアーパンフを集めて一緒に配布した。 旅行会社のパンフには具体的な料金や日程表がある。それらを見比べて自分に合ったツアーに申し込んでもらおうという作戦だ。来場者からは「北海道に行くならどの季節がいいの?」とか「ラベンダーは何月が見頃?」「何泊でいくら?」という具体的な質問が目立った。 もはや札幌市だけではカバーできない情報が求められている。 夏の北海道ツアーは、やはり富良野のラベンダーが最大のセールスポイントだ。 しかし、中国の旅行客にとっては、それが中富良野だろうと上富良野だろうと、どうでもいい。 全部まとめて「北海道」なのだ。 札幌は札幌、旭川は旭川などというなかれ。たとえ4泊しかない日程でも、札幌だけ観光というのはあり得ない。6日間、7日間のツアーとなると尚更だ。 お互い仲が悪いとされている九州勢が、「対北海道」では連携している(実際の敵は、ヨーロッパだったり北米だったりするのに)。狭い日本、もっと狭い北海道、おらがまち主義でなく、自治体どうしの連携と協調をベースにした戦略がなければ、世界が狙う中国の巨大マーケットでは太刀打ちできない。それを危機感を持ちながらしっかり認識しているからだろうか、札幌市のブースには、上海にある道の事務所からもスタッフが来て、一緒に質問に答えていた。 (つづく)

(おことわり)すべての内容は、当時の個人的な感想です。刻々と状況が変わる北京では、過去の情報は思い出にすぎません。現在の状況とは異なる場合が多いことを予めご了解ください。

投稿者:

nanben

北海道旭川市出身、北京在住18年、中国在住22年。