133:新型コロナウイルスで非常事態(3)

2020年2月25日 あさひかわ新聞 北京あれこれNo.133

 ●二〇二〇年二月十三日、食材購入のためイオンへ。野菜などの食材はいつも通り山積み。

 食材を職場へ配達し、当直中のスタッフ二名と、隔離中の宿泊客三名全員の無事を確認。

 上海市長の湖北省トップへの異動で感染者の洗い出しが進んだためか、湖北の新たな感染者が一夜にして突如一万四千人超え。真相に近づいただけ、という冷静な反応多し。

 ネットニュースで寄付にまつわる美談が続くなか、極貧の独居老人が全財産を寄付したという記事が相次ぎ「受け取る側の気が知れない」と炎上。

 北京市内の累計感染者は三百七十二名、退院は七十九名(約二割)、他の疾患が原因という一名が増えて死者四名に。

 ●十四日、これまでに全国で千七百十六名の医療スタッフが感染したと発表。感染者総数の約三%。武漢で快復した医療スタッフ十九名が血漿を献血、有効治療への期待が高まる。

 外地から北京へ戻った場合、十四間の隔離観察が強制化、従わない場合は責任追及。ビルや団地などの入り口で本人確認と体温検査の徹底がさらに進み、部外者・マスク不携帯・発熱者は一律進入禁止。抵抗者は通報されて刑事責任。

 北京日本人学校から通知、三月一日まで臨時休校へ。

 ●十五日、食材購入のためイオンへ。のち職場へ配達、全員の無事を確認。

 フランスで湖北省からの中国人観光客が死亡。湖北省黄岡市で、さらに病院二カ所を専門病棟に改造と発表。上海や北京でも建設の噂あり。

 ●十六日、雲南ネットで、百の新鮮野菜と激励メッセージを積んだ救援車両が湖北へ出発と報道。寄付や支援のニュースがあふれ過ぎ、かえって不安に。市内の累計感染者は三百八十一名、うち三割の百十四名が退院。

 ●十七日、食材購入でHemaスーパーへ。生鮮品が豊富でトマトは九品種。この建物のなかで営業しているのは地下のスーパーとユニクロとマクドナルドだけ。ユニクロは顧客ゼロ、マックは配達員が出入り。食材を職場へ配達、無事を確認。

 生活インフラ業種以外も通勤が解禁されたが、引き続き時差通勤、在宅勤務を推奨。

 日本政府が五機めのチャーター便で防護服などの支援物資を輸送。多くの中国人が「もう寄贈しないで自国で使って」とコメント。以前の反応は純粋な感謝だが、クルーズ船の状況と日本国内市中感染のニュースを受けて、「これからは日本がヤバイ」という認識に。

 国家衛生健康委員会によると、湖北省を除く新たな感染者合計数は十四日間連続で減少、初めて二桁台に。

 ●十八日、私が経営するユースホステルの建物を所有する大学側から、外地のスタッフは当面北京に戻るなと指示、業務再開は四月以降の見込みと返答。

 嵐の北京公演が中止に。かつてSMAPの北京公演で強く感じたが、首都北京での公演は良い意味での政治的配慮があったはず。解散前の過密スケジュールのなか、もしもリベンジができたなら、その効果は倍増、日中の友好関係はより強固になるだろう。

 国務院が企業の社会保険料を段階的に減免すると発表。しかし、よく読むと限定的、時間稼ぎで焼石に水と判断。一瞬でも期待した自分の甘さを猛反省。

 武漢武昌病院の院長で、感染により同済病院ICUで治療を受けていた劉智明院長が殉職。既に死亡したナースは、一家六人のうち四人が死亡、二人が病院で隔離中らしい。

 全国で初めて新たな治癒数が新たな感染数を超過、ただし、全国の累計感染者は既に七万人超、うち一・二%は自覚症状もない。北京市内の累計感染者は三百九十三名、退院は百四十五名(約三十七%)、事態が改善していることを信じたい。

 ●十九日、イオンで食材を購入して職場へ配達、無事を確認。宿泊客は来週以降、順次出社予定とのことで今後の隔離封鎖は困難に。よって来月の宿泊延長には対応できないことを通達。予約受付中止を三月末まで延長。

 北海道から届くはずのマスクは、既に二週間以上、東京国際郵便局で足止め中だ。

 新京報は、武漢でこれまでに十二のコンテナ病院が稼働、ベッド数は二万床を超えたと発表。

 ウオール・ストリート・ジャーナルは中国を「真のアジアの病夫」と表現。中国側の抗議、撤回・謝罪要請を無視したとして、政府は北京駐在の記者三名の記者証を無効に。

 中国国内の死亡者が二千人を超える。

 情報隠蔽で被害を拡大した中国に最大の責任があることは明白だ。しかし、日本のニュースを見ていて、対応へのもどかしさも否めない。北京で企業活動の停止命令や移動制限など、強権発動に振り回されているものの、人々の多くは止むを得ないと理解している。被害をこれ以上拡大させず、早く収束させるには、早急な強権発動が必要、そういう状況なのだ。中国人がいま一番心配しているのは日本だ。中国に送り日本国内のマスクが不足していることに、多くの中国人が心を痛め、心配している。

投稿者:

nanben

北海道旭川市出身、北京在住18年、中国在住22年。