135:北京は最終段階に

2020年3月10日 あさひかわ新聞 北京あれこれNo.135

 三月五日、安倍首相はとうとう中国・韓国からの入国者への隔離を発表した。訪日ビザは失効となるため、中国人と韓国人は事実上入国できなくなる。習近平主席の訪日や、観光産業への配慮もあったのだろうが、時間がかかり過ぎた。

 武漢では少なくとも三週間早く対応できたはず、そうすればここまでひどくなる前に防げただろうと言われている。当初は中国政府も甘く見ていたのだろう。武漢封鎖の直後、中国全土で湖北省、特に武漢から来た人の捜索が始まった。私は宿泊業なので、宿泊客全員に対して、最近武漢周辺に立ち寄っていないかどうかを確認する義務が生じた。もしも該当者がいたら、すぐに体温検査をし、通報しなければならないという通達があったからだ。地方では道路を封鎖して村ごと自己封鎖したり、該当者をみつけて報告すると懸賞金をつけた地区もあった。それほど急激に、誰もが危機感を持ったのだ。

 あれから一カ月以上が過ぎた。食材販売や生活インフラ企業を除き、一週間だった春節休みが二週間になり、三週間へと延長された。食料品以外の物流は止まり、会社は休業、食材購入以外の経済活動ができなくなった。それでも、武漢市民や医療従事者がウイルスと闘っているのだから、自他防衛のためには止む無しと、誰もが自宅に籠もった。

 二月下旬になり、企業活動が少しづつ解禁された。テレワークの推奨や、職場での感染防止対策などの条件もあるが、通勤の車は確実に増え、地下鉄にも少しづつ乗客が戻ってきた。

 三月に入った今も、レストランやホテル等のサービス業は管理会社や上級部門の許可待ちで閉鎖中が多いが、北京の街は息を吹き返そうとしている。ただし、経営者は資金繰りの悪化による破産、社員はリストラ、非正規労働者は生活破綻といった危機に直面していることに変わりはない。それでも、武漢の悲劇に比べれば幸運なほうだ、そう思う人が多いのだと思う。仕事を失うかもしれない危機を悲観するよりも、新しい料理に挑戦したり、免疫力を高めるために運動を始めたりと、前向きに過ごそうとする人が目立つ。それもまた中国の底力なのだと思う。

 北京では着々と収束に向かっているとはいえ、これまでの我慢が無駄にならないよう、最終段階になって管理が更に厳しくなった感もある。通行証の提示や体温検査などの確認が緩むことはない。日本や韓国などの感染拡大によって、外国人への草の根調査が始まった。携帯電話に居民委員会や派出所からパスポートやビザの有効期限、入国日、フライトナンバー、体温などの問い合せがあった。幸い、息子を呼び寄せてから一カ月以上経っていたので事なきを得た。

 日本の感染拡大を心配する声がより多くなってきたことを実感している。友人たちから北海道の実家を心配するメッセージが直接届くようになった。先日は、大量の検査キットを北海道に送りたいという相談もあった。北京でマスクはまだ品薄だが、アリババの創設者は日本に百万枚のマスクをお返しすると発表した。日本の中国語新聞にも「日本人にマスクを残そう」という意見広告が掲載された。中国在住の中国人はもちろん、日本在住の中国人は、より一層日本の感染拡大に心を痛めている。

投稿者:

nanben

北海道旭川市出身、北京在住18年、中国在住22年。