一難去らずに、ゲストハウス廃業?

2020年7月14日 北京あれこれ(139)

 中国には、「公共の緊急事態のための国家緊急対応メカニズム」というものがあり、自然災害・事故災害・公衆衛生事故・社会保障事故の四つのカテゴリーごとに、それぞれ四段階に区分されている。四級(青)は通常、三級(黄)と二級(橙)は大災害・大事故、一級(赤)は異常事態を表している。

 北京は長らく二級だったが、全人代が無事終わり、六月一日から学校への登校が徐々に解禁されて三級に落ち着き、六月十五日からは全学年の登校が許可されるはずだった。

 ところが、その直前に北京市民の台所、新発地市場のサーモン用のまな板からウイルスが検出されたと報道された。十三日、ほぼ全てのスーパーの店頭からサーモンが消え、あっという間に第二波と思われる感染が拡大した。市内のすべての学校が再び登校禁止になり、一瞬緩みかけていた北京の街角の雰囲気がまた張り詰めた。

 レストラン、理美容、ホテルなどで働く人と、感染者の発生した地区では、PCR検査が半ば強制となった。六月二十四日の報道によると、北京の一日あたりの検査能力は四万人から三十万人に増加し、「少しでも可能性がある人はすべて検査をして早期発見、早期対処」という日本とは全く別の方針で、本気で「コロナゼロ」を目指している。

 ところで、私の管理するゲストハウスは、六月十二日朝、百三十九日ぶりにエントランスの施錠を外して営業を再開した。許可が下りたのは本館部分だけで、満室になったとしてもコストの半分にも満たないが、営業が再開できることの有り難みをしみじみ感じた。

 しかし、七月七日(盧溝橋事件の日)、登記上の所有者である首都経済貿易大学側から、宿泊施設として登記した会社を解散することにしたという連絡があった。コロナを耐え忍び、やっと営業を再開したと思ったら、突然の閉鎖命令。まさに一瞬先は闇なのだ。

 そもそも賃貸は、〇九年に他界した夫が契約したものを、法人代表が人道的配慮で私に引き続き運営させてくれていた。しかし、その法人代表も急逝した。外国人の私は表に立てないので、石家荘の兄に、大学側との交渉を頼むことになったが、どうなることか…。

 夫から事業を引き継いで十一年。三歳だった次男も十四歳になった。この間、嘆いたり悲しんだりする余裕もないくらい「一難去らずにまた一難」や「一難去ってまた三難」の繰り返しで、図太い神経とリスクを察知する嗅覚を養うことができたと思う。最後は感謝の気持ちで清々しくここを去りたいと考えている。

熊出没倶楽部、スタート

2020年6月27日

25日(旧暦の端午節)

夜8時から翌朝8時までフロントの夜勤、いろいろ考えた。例年の端午節は、チマキを大量に購入してスタッフ&宿泊客にプレゼントしていたが、今年は資金難なうえに、チマキの値段が例年より高いので断念した。無念。相変わらず客足も全く戻らない。

7月1日を目標にopenしようと思っていたカフェバースペース”熊出没倶楽部”をすぐにでも開くことを決意、ウイチャットのモーメンツにて告知。反応はまずまず、友人知人から声援や冷やかしをもらった、私は強運だ。前向きに頑張らなくては。

26日(金)

朝8時、夜勤が開けて一旦帰宅。着替えたり家事を少しして14時には職場に戻る。17時、「北京うちらなまらファイターズ」の団長が来てくれた。ファイターズの試合を一緒に観戦しつつ、ビール&ハイボール&アイスコーヒーなど、ご祝儀代わりにいろいろ飲んでくれた。感謝!

その後はフロントの夜勤へ。新規宿泊客ゼロ。稼働率はずっと一桁台の前半(涙)。

27日(土)

朝8時、フロントを交代して帰宅。家では簡単な家事をして食事を作って子どもたちに指示を出す。

10時、マネージャーから電話。当局の指示で、スタッフ全員にPCR検査が義務付けられた、本日14時に全員検査機関に行く必要があるとのこと。「とうとう来たか」という思い。レストランで働く日本人知人はすでに呼ばれて検査を受けたと言っていたので、もうすぐうちにも通達がくるだろうと心の準備はしていた。

13時、事務所に到着。毎日フルタイムで働く6人が揃って検査へ行った。結果は48時間後になるらしい。

14時、丁未堂のお頭とカメラマンの田中プロがお花や使えるグッズを持って”倶楽部”にお祝いに来てくれた。時々連絡をして近況の情報交換をしていたが、実際に会えたのは半年ぶり。すごく嬉しかった。感謝、感謝。

19時、そのまま大学校友会の北京支部幹事グループのオンライン飲み会に参加。

21時、お客さんが来ないかなあ〜と、プロジェクターを見ながら待つ。テレビのチューナーに繋いでみだら、玉置浩二ショーが放映されていた。ラッキー!!!旭川で三浦綾子記念文学館設立準備ボランティアの会が主催したコンサート「風と木々のハーモニー」から24年が過ぎた。玉置さんには「旭川劇場」で二日間、夜と昼に二回のボランティアコンサートをしていただいた。歳月と共に物忘れがひどくなったが、あの日々だけは、ほとんどすべて鮮明に覚えている。反省することばかりだけれど。。。

営業再開3日目

<北京ディスカバリーユースホステル>

営業を再開したばかりなのに、コロナ再発のニュースと対応で忙殺される。客室の稼働率は7%(泣)、感染防止のために注意を喚起、自分も市場への買い出しは控えよう。実際のところ、最近は安全性の高い、スーパー(イオン、HEMA)しか行っていない。昨日閉店間際のHEMAに行ったら、サーモンすべて姿を消していて、今日はわざわざ「産地買い付け、ブランド直送、供給保障、価格安定を堅持しているので、安心してね」というショートメッセージが届いた。

北京への旅行や出張の制限が始まった。レストランでの会合もダメになった。友人との食事はもちろん、会うのもはばかられる状態に逆戻り。

午後、子ども連れの若いママさんが予約を入れてくれて来店した。当局の指導により、チェックインの際に、体温測定と14日間の行動履歴確認が義務付けられている。ママさんの行動履歴には、感染地域を通過したことが記録されていた。この場合、PCR陰性証明がないと受け入れられない。残念ながらキャンセルしていただくことに。

今日は館内の写真を撮影、内装手直し作業はなし。もうすぐ10時、明日からまた早いのでそろそろ帰宅。

北京でコロナ再発

昨日営業を再開したばかりなのに、北京の新発地市場関係者でコロナが発生。これまでのような外部から北京に来た人ではなく、北京在住の人の感染発覚により、せっかく経済の立て直しに前向きに取り組む雰囲気が一変、緊急体制に逆戻り。

営業を再開しておいてよかったね、と店長に言われた。もし昨日踏み切ることができずに待っていたら、再スタートのチャンスを逃して廃業確定へまっしぐらだったかも(今だって廃業=破産と背中合わせだけど)。

昼間は閉鎖中の別館の内装手直し、壁や壁紙の補修、錆びた水道管のペンキ塗りなど。やることはいくらでもある。

139日ぶりに営業再開

<北京ディスカバリーユースホステル>

138日にわたる営業自粛を経て、本館(13室)のみ営業再開。5月末にすべてのスタッフが戻り、6月1日から開業準備、別館の出入り管理が難しいため許可がなかなかおりなかった。このままでは閉店五ヶ月、そのまま資金不足で廃業となりかねないため、ひとまず問題のない本館(13室)のみで営業することにした。

営業再開の声に、スタッフ全員から拍手をもらった。私よりもスタッフの皆さんのほうが開業を喜んでくれているようだ。私の場合、閉鎖=全額赤字、開業=赤字が減らせる可能性もあるが、いつもの北京ルールいろいろで24時間ハラハラドキドキの生活に逆戻り、万が一にもコロナの感染に関わってしまったら。。。と考えると正直複雑な心境。