優佳良織工芸館 存続の危機

2017年1月22日 北海道新聞 けいざい寒風温風

「有望な観光施設 復活願う」

私の故郷は旭川市である。現在は、中国・北京で宿泊施設とコンサルタント会社を経営しているが、いつも頭の片隅に旭川がある。その旭川の芸術、文化の発祥地である「優佳良織工芸館」と「国際染織美術館」を運営していた北海道伝統美術工芸村(旭川)が昨年12月、破産した。観光名所が存続の危機にひんしている。関係者はきっと心を痛めているに違いない。

優佳良織は1960年代に地元出身の染織工芸作家木内綾さんが考案した。工芸館は80年、優佳良織を所蔵、展示する場として開館し、綾さんの長男和博さんが長く館長を務めてきた。地域に根差し、新たな文化を創造した優佳良織は、数々の賞を受賞し、国内外で高い評価を得てきた。2人は伝統を次世代に継承することに生涯をささげた。いずれも故人となったが、さぞやあの世で無念さをかみしめていることだと思う。

観光、文化の側面からも、施設をなくすようなことがあってはならない。

(中国の個人客増加)

人口減少が進む中、観光業は将来の有望な産業だ。実際、日本の関係者も観光振興には特に力を入れている。中国人などの団体旅行客が高額品を大量に購入する「爆買い」現象は、一服感があるが、個人客は増えている。北京や上海の旅行会社には、日本の自治体関係者が入れ代わり立ち代わり観光PRに訪れている。中国人に馴染みのない地域の関係者は、売り込みなどの面でひと苦労していると聞く。ただ、北海道は中国でも知名度、好感度が抜群で、関係者が観光に力を入れるのは至極当然だ。

他の地域と似たような観光振興では、観光の将来はおぼつかない。北海道の自然や風土、文化を生かした独自の魅力を絶えず新たな観光資源として掘り起こし、発信しなければならない。周辺地域との連携や交通手段の整備など環境整備も大切だ。

中国人旅行客が訪れる道内観光地の中でも、動物の「行動展示」で知られる旭川市旭山動物園は人気が群を抜いて高い。だが最近は、全国各地の動物園が、旭山に見習い、行動展示に力を入れている。来園者の人気が高い「ペンギンの散歩」も旭山動物園の専売特許ではなくなった。

いくら観光振興とはいえ、新たな施設の建設は難しいに違いない。既存の施設を効率良く回れるように工夫をしたり、地域や施設が互いに連携し観光地としての魅力やサービスの質をあげる必要があるだろう。

(市民の熱意に期待)

自由でユニークな旅を期待している中国人旅行客は、物見雄山だけでなく、さらに一歩深い体験を望んでいる。ホテルや施設など現地で気軽に申し込める体験型観光メニューを充実させ、周知することが人気スポットとなる鍵となるはずだ。織物体験ができた工芸館もそうした潜在力がある施設だったと思う。

旭川は、地元が誇る作家三浦綾子さんの文学的な世界を広く紹介しようと、地道な市民運動によって三浦綾子記念文学館を開館させた地である。優佳良織工芸館も市民の支援で守ってゆけるのではないか。

木内さん親子の思いやそれまでの努力を絶やさないため、地元の旭川市の文化芸術という財産を守るためにも、市民有志が連携し、運営会社を再生、復活させることを願ってやまない。旭川市や北海道の支援も期待したいが、それも市民の熱意があってこそだ。施設が再スタートを切り、新たな成功モデルとなれば、北海道の観光振興の面でもきっと役立つと思う。 (おわり)