23:鳥インフルエンザ

2013年4月23日 あさひかわ新聞 北京あれこれNo.23

 

先日、訪中旅行を扱う旅行関係者の懇親会に出席した。  日本を代表する大手旅行会社の代表者らが口を揃えて「シマ問題、後を追うような大気汚染、青空が戻った途端にこの鳥インフル、もうどうしたらいいのだ!」と嘆いていた。経費削減は既に限界、人員削減にも着手しなければならない状態になっているそうだ。まあ、今の時期に中国へ旅行する理由がなければ、敢えて来る必要もないのだが、日本の皆さんの脳裏に「中国は危険だ」とくっきり刻み込まれてしまったように思えることが残念でならない。 ここ数日は毎日のように鳥インフル関係の話題も報道されているが、無数に報道されるニュースのうちのひとつでしかない。日本のテレビでは何か話題があると(他に報道すべきニュースは無いのか?と突っ込みたくなるほどに)掘り下げたセンセーショナルな報道をしがちだと思う。 中国のニュースは政府の「国家を混乱させない」という意図が見え隠れするくらいで、普段から(愛国に関する内容以外は)割と淡々と報道しているように見える。もちろん、例外もあるが。 鳥インフル関連の報道を見て思うのは、2002年のSARSのときのような緊張感は見られないということだ。 もし本当に政府が報道規制をしていて偽の安全情報を流していたとしても、ツイッターや微博、口コミなどで隠し通すのは至難の技だ。そちら側で”盛り上がっていない”ことは、報道が概ね現実から乖離していないことの証明とも思える。 逆に日本大使館からのメールマガジンが、「鳥インフルエンザ関連速報」として毎日のように届き、中国国内での感染状況を懇切丁寧に教えてくれている。  17日現在、全国での死亡は17名で、ヒトからヒトへの感染は発見されていないそうだ。 北京のレストランでは鶏肉を避ける客も出ているそうだ。  敢えてリスクに挑戦する必要もないが、気にしすぎると何もできなくなってしまうのも現実だ。先日あった大気汚染関連のセミナーで「肺に良くないので、転職してでも今すぐ中国から離れたほうがいい」と言う医者がいたと聞いて、思わず苦笑してしまった。 大気汚染と鳥インフルで、日本の知人からいただいたお見舞いのメールには、「大気汚染で肺がやられて死ぬ前に、鳥インフルにかかって死ぬ前に、通勤で電動自転車を運転中に交通事故で死ぬ確率のほうが百倍高いです」と返答している。これが現実だからだ。  (おわり)

(おことわり)すべての内容は、当時の個人的な感想です。刻々と状況が変わる北京では、過去の情報は思い出にすぎません。現在の状況とは異なる場合が多いことを予めご了解ください。

投稿者:

nanben

北海道旭川市出身、北京在住。