19:塞翁が馬

2013年2月26日 あさひかわ新聞 北京あれこれNo.19

2月13日から北海道に帰省している。でも実家の旭川でゴロゴロしている時間はない。帰国の翌日、すぐに札幌に向かった。今回も出来る限り多くの関係者に会ってネットワークを広げること、また冬の北海道観光の醍醐味を可能な限り自分で見て体験しながら発信することが目的だ。

2週間の帰省中、4日間は中国のプロカメラマンに同行し、札幌から旭川、網走と観光視察する計画だった。18日の夕方、札幌から旭川に入った。カメラマンは旭川駅の木壁にたくさんの名前が彫られていることに驚いた。私はこの名前プロジェクトのことを説明しながら駅を出た。

夕食は駅から近いラーメン店「山頭火」だ。旭川に来てもらったらラーメン、これは私の鉄則だ。注文を終えたところで、名前プロジェクトの正しい情報を伝えようと思いiPadを取り出そうと鞄を開けた。そこで気づいた。さっき降りた列車にiPadを忘れてきたことを。

今回の帰省直前に購入したばかりのiPadには、今後のスケジュールがぎっしり記録されている。iPhoneは画面が小さすぎるので、その利便性を満喫し始めたばかりだった。

私はカメラマンに事情を説明しながらうろたえた。手元のiPhoneは中国携帯で日本では受信専用にしか使えなていなかったため、お店の方に最寄りの公衆電話の場所を尋ねた。すると「公衆電話は近くにはないから」とお店の電話を使うように勧めてくれたうえ、JRの忘れ物係につないでから受話器を渡してくれた。焦りながらJRの担当者に事情を話したところ、特徴などを確認され、それが届いていると告げられた。小躍りしそうなくらいに嬉しかった。ほっとしてラーメンをしっかり味わうことができた。

ラーメンを食べ終えると駅に向かった。私が忘れ物窓口で受け取る様子、受取表に署名する様子などをカメラマンに撮影してもらい、すぐに中国版ツイッター「微博(weibo)」で発信してもらった。言葉の違う外国人が旅行中に忘れ物をしたら大変ですよ、そんなメッセージのつもりだった。

すると予想以上に転送やコメントが続々と寄せられた。1日経ったところで、転送が百件、コメントは22件になった。その多くが、日本の安全性や道徳観を讃えるもので、日本旅行中に携帯電話や財布など貴重品を紛失したが、手元に戻ってきて感動した体験を書き込む人が続いた。

地元に戻って油断してしまったことを、ラーメンをすすりながら反省していたが、この”事件”が日本の治安の良さやモラルの高さを宣伝する思わぬ機会になった。人間万事塞翁が馬だ。(おわり)

(おことわり)すべての内容は、当時の個人的な感想です。刻々と状況が変わる北京では、過去の情報は思い出にすぎません。現在の状況とは異なる場合が多いことを予めご了解ください。

投稿者:

nanben

北海道旭川市出身、北京在住。